Translate

2011年2月21日月曜日

栃木県内JogプロジェクトVol.16

16回目のブログ更新。今回からはこのプロジェクトを振り返ってみたいと思う。今回は全ての始まりから趣旨を決定するまでを見苦しい文で書きとめておく。



始まりについて、何から書いたらいいのか・・・簡単に言うと、いくつかの事が同じ時期にあった、という事。


①:部室で友達と「ジョギングで県内を回ってみようぜ」っていう冗談が始まりだったと思う。大学生活最後に馬鹿な事をしてみようという思惑があったのだ。


②:さらにそこから話は膨らむ。1月8日。皇居にて「One for One 皇居マラソン」というイベントに参加した。ペアで皇居を走る中で、健康な体力を作る運動への自信を作るとともに、様々な問題当事者、支援者が集まり、まったく違う問題を抱える人と知り合い、苦しみや解決策を共有し、新しい気づきを得る、といったイベントであった。
  何か得ることができるかもしれない、と参加したのだが、これは私に衝撃を与えた一日となった。―――走ってるだけなのに、こんなに赤の他人と交流を持つ事ができるのか、と。
 集まった皆さんと話もしたが、何よりも「一緒になって走る」事で生まれるパワーに驚いた。主催の遠藤一さんにも会ってお話をすることができた。このイベントの趣旨にはすごく共感したし、遠藤さんの骨身を削ったPR活動に心を打たれた。
もぅ書きたいことは沢山あるが最後にこれだけ。

走った後、みんな笑顔になっていた。社会問題当事者とか、全く関係ないじゃん、一緒に汗を流すって、こういう事なんだ、って思った。




―――そんな経験から、 「じゃあ、地域の人と一緒に走ってみたら、やりがいがあるんじゃねぇ?」という感じに話が進んだ、と思う。



 ③:そこで、「じゃ、ウチらは分かりやすいようにお揃いのTシャツでも買おうぜ」となった。ここでまたひとつの話がある。

「走る」と書かれたTシャツの販売をTwitterでたまたま知ったのだ。
よく調べたら走る.jpという所が売ってるらしい。しかも「のぼり」の無料貸し出しもやっていうという。これはウチらにぴったりじゃん!チャリンコに付けてアピール力アップだぜ!ってことで早速人数を集めてTシャツを購入&のぼりの申請。



―――これで大体の形ができた、というわけです。
結果的に集まったのは私と陸上部の友人(後輩含め)4人・私のゼミの先生1人・皇居マラソンに一緒に参加したアメフト部の友人1人。計7人。まぁ各々の予定で全日程参加できたのは3人ですけどね。どのようにしてこのプロジェクトが生まれたのか、っていうのはこのくらいです。いかにも勢い!
ま、何事も最初はこんなもんじゃないですか?





次に、走る場所・日程を決めました。
①「やっぱり、栃木県はジョガーが少ないから、車からでも見える所を走ろうぜ」っていうことで道路を走る事になったんです。
②「田舎よりでかい道路が通っている市町だよな」ってことで、宇都宮・鹿沼・小山・佐野・真岡・大田原・日光が決定!あとは、私と友人の地元ってことで益子と高根沢が選ばれました。



③走る日程については、本当に適当でした。






最後に、走る目的を考えました。せっかくプロジェクトとして運営するので明確な目的が欲しい、となったわけで・・・


「知らない人と一緒に走りたい」。私の気持ちはこれだけでした。1月8日の皇居で体験したことが栃木県でもできるのかと、早く走りたくて仕方なかった。でも、宣伝するには全然言葉が足らない。そんな時に、後輩が書いてくれました。
走る


この行為にどんな印象を持っていますか?


辛い」ですか?

苦しい」ですか?

楽しい」ですか?



 ---考えたこともないですか?(笑)




「ただ走る」という行為だけなら、確かに辛かったり、息が苦しいかもしれません。


 でも、

 みんなと走ったら・・・


走ることで人とつながる事が出来るって、とても楽しいんですよ!



・・・いいね、これならイケそう!こうなったらとことん書いてみよう。走る事で繋がれるんだ!って。僕らはそれを体験してもらうために走ってるんだって。そして私が以下の文を足しました。



栃木県って、コレ!っていうジョギングコースが無いんです。 ジョガーも、ほとんど1人で走ってる。 確かに自分のペースで走るのもジョギングの醍醐味。忙しい日常の中に1人でいられる時間を取れるしね。でも、いつもJog中に見かける名前も知らないあの人と走ってみたい、ベテランジョガーの人に走りを教わりたい、とにかく私は話しながらジョギングがしたい、と思っている人がいたら。。。
さらに、1人で走るのがつまらなくてジョギングを始められない、続けられない人がいたら。。。

そんなことを悶々と考えているうちに、この考えが浮かびました。

普段1人で走っているジョガーを集めてみんなで走ったら
楽しいんではないか?

スタート地点に来ていただけたらそれでOK。

ゴール地点で記念撮影をしよう。

Jog中にいろいろ会話をしながら走ったら楽しいに違いない。



こんな経緯で「栃木県内Jogプロジェクト」は誕生しました。


みなさん、とにかく、僕たちと一緒に走ってみませんか?


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【募集!】 

★普段ジョギングしてる人! 
★普段1人で走っている人! 
★みんなで話しながら走りたい人! 
★先日の都道府県駅伝を見て感動した人!
(栃木県優勝!)
★ジョギングに興味があるけど、三日坊主な人。
★走るきっかけがほしい人!
 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


―――こんな風に「走る」行為を宣伝したのは初めてでした。10年陸上をやっていても、この文を考えるのには時間がかかりました。でも、これで僕らが伝えたいことはまとまっているかな、と思います。今思えばこの文を考えるのが一番難しかったかな?なんとか文にしてみた時、「これでホントに人が集まったら絶対面白いぜ」とパソコンの前で笑ったのを覚えています。


 今回はここまでにしておこう。次回は「宣伝・準備編」です。あんなことやこんなことを書きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿